部下をやる気にさせる『叱り方2ヶ条』とは?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

部下をやる気にさせる『叱り方2ヶ条』とは?

 

 

叱り方

 

叱りながらやる気にさせる!自己承認力流叱り方2ヶ条

 ↓↓↓

① 叱るのではなく諭す

②『もったいない』の活用

 

 

 

①叱るのではなく諭す

× 感情的に怒鳴る
× 理詰め    例:  × どうしてできないの? ◎ どうやったらできるかなぁ?
× 言う気も失せてため息をついてにらむ

 

 

これではその場の怒りの吐出しだけとなり、結果、部下が育ちません。このような事態を避けるためには、まず、ご自身が心身ともに健やかであること。イライラ、焦り、疲れが溜りすぎていると、正しく部下指導ができません。

  

 

ご自身の『マインドセット』自己承認力を高めて、余裕とゆとりをもって接することが第一です!

 

 

 

②サンドイッチ方式+『もったいない』の活用

例えば、遅刻が多い部下の場合「行動力があるのに、遅刻が多いと信用を無くすよ!それってもったいないよお客様に気に入られてるんだから」
 

つまり、
________

部下の良いところ

注意

もったいない

部下の良いところ

________

サンドイッチ♪

 

  

結果として自分の首が緩まる!イヤイヤやらされてる感で仕事するのではなく、やる気をもって自発的に仕事をする部下に育ちますっ!