試してガッテン!自分と部下。成長が必要なのはどちら?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

試してガッテン!自分と部下 成長が必要なのはどちら?

 

 

仕事がデキる人

 

仕事がデキる人はデキない部下の考え方やペースが理解できません。「普通これくらいデキるだろ」という『普通』が自分基準かもしれません。

 

 

例えば『海』と聴いて、波を連想する人もいれば、船、カモメ、青を連想する人もいます。「こういったら(指示したら)普通こうするやろ!」の『普通』が狭かったりします。

 

 

上記を踏まえ、部下育成が成功するためには5つのポイントがあると思います。

 

 

1、普通という概念を捨てる
 年齢差、世代背景、今置かれている状況は人それぞれ

 

 

2、部下ができないのは指示、しくみに問題がないかすりあわすこと
  どうしたら出来るようになるか、本人に考えさせ、答えさせること

 

 

3、部下がデキが悪いことは一旦置いておいて、『デキる人』として接すること
 『デキない人』というレッテルを張られていると感じると、やる気が失せ、思考も、行動も低迷します。『期待されてる!』と、たとえ、期待してなくとも、部下に思わせておくこと

 

 

4、 自分が言われたいことを、部下に伝えること
 当たり前にこなしている業務をあえて『いつもよくできてるなぁ』などと、当たり前を普通とせず、『頑張りを見てるよ!』と労うこと

 

 

5、自分が心身ともに健やかであること
 タスクの多いポジションの方は、身も心も疲弊していることが多いです。そのような状態では健全な部下育成は難しいです。

 

 

 

まずご自身が、心身ともに健やかいられるように自分自身を大切にして、癒し、労ってください。

 

 

卵が先か、鶏が先か・・・

 

 

部下も経営者、人を指導する立場の方も、指導しながら自分も部下も成長できることは間違いありません!