本当は意見がある!発言を促す黄金の質問 2つのメリット

Share on Facebook
Share on LinkedIn

本当は意見がある!発言を促す黄金の質問 2つのメリット

け身部下ケーススタディ

 

 

本当は意見がある

 

 

例えば、デートの際女性に「何が食べたい?」と訊いて「なんでもいい」と言われたにも関わらず、「寿司屋にしよう」と言ったら「えー・・・寿司ぃ・・・」「じゃあ焼肉に行こう」と言ったら「うーん。焼肉ねぇ・・・」

 

 

 

「じゃあ何がええねん!」と感じたことはないですか?「なんでもいいって言うたんちゃうんか!」状態

 

 

 

このような場合「Aの焼肉、Bの寿司、Cの和食、その他、どれが良い?」と訊いてみてください!「焼肉」とか「とんかつ」などと、①イメージしやすくなる ②自分の意見が言いやすくなります。

 

 

 

選択肢+その他(自分の意見が言える環境) = 発言しやすいのです!

 

 

 

自発的意見・提案力を育てる! 4択質問技法