会議で意見を問われても黙り込む部下の心理

Share on Facebook
Share on LinkedIn

会議で意見を問われても黙り込む部下の心理

 

 

黙り込む

 

 

受け身部下の心情は

①自分の評価が下がるくらいなら言いたくない
②どうせ発言しても通るはずがない

 

 

 

意見が無い = 考えがないのではなく、「この考えは正しいのか・・・間違ったら叱られる」「くだらない意見だと思われるのはイヤだ」「たいしたことないと思われたらどうしよう」と、自分の評価「どう見られているか」を気にしているのです。

 

 

 

受け身部下は自信を持たせながら育てていくしかありません!

 

 

 

「めんどくさぁ」「なんでそこまで・・・」と、お感じになると思いますが、戦力になって仕事をしてもらうためには避けて通れないのです!

 

 

 

自信を持たせながら育てていくには、本当は意見がある!発言を促す黄金の質問 2つのメリットをご覧ください。