解答 「何ナメたこと言うとんねん!」 部下への切り替えし話法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

解答 「何ナメたこと言うとんねん!」 部下への切り替えし話法

 

 

なめたこと言うな

 

 

「何ナメたこと言うとんねん!」 部下への切り替えし話法の解答です。

 

 

 

例題解答】

 

部下 「今の担当先と合わないから変更して欲しいんです」

 

上司 ・同意 「それは変更したほうがいいですね」
    私も(同意見)です。

    I think,so,too.
 

   ・同感 「(私も変えたい)です」「(変更したい)です」
    私も(同じ気持ち)です。 (同じように感じてい)ます。

    I feel so,too.
 

   ・共感 「(変更したいの)ですね」
    (あなたはこんな気持ち)なんですね。

    you feel so.

 

 

 

共感だけ主語が『you』なのです

 

 

 

まず
◎ 共感・一旦相手の感情を受け止める +  指導・ご自身の自論

 

 

 

この事例であれば、先月も別の担当が合わないというので変更したところなのにもかかわらずまた変更して欲しいという部下Aさんに、「何ナメたこと言うとんねん!」「仕事なんだからそんなわがまま通じない」「そんなんじゃどこに変更しても同じ」と思ったとしても、

 

 

 


「なるほど。 変更したいんだね。Aさんはそう思ってるんだぁ

(共感・一旦相手の感情を受け止める)

 

しかし、先月も別の担当が合わないというので変更したところでしょ。こちらとしてもたびたび変更するわけには いかない。それ相当の理由があれば別だけど、このような意見をすべて聴いていたら会社は回っていかないからね。で、原因はなに?(一旦聴く)

 

『嫌だ。ダメだ。即変更』だけではなく、『どうやったら関係性が良くなるか?』考えてみて、行ってみて。その方法が思いつかないなら相談にのるよ。またうまくいっている人の真似を徹底的にするのもおすすめするよ!(指導・ご自身の自論)」

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

ゴールは叱って終わりではなく、やる気にさせ、改善、行動させること!良い雰囲気、「イケる感」を与えるのは経営者・上司次第です!

 

 

 

「何ナメたこと言うとんねん!」 部下への切り替えし話法