朝から不機嫌、暗い部下になんと言えば?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

朝から不機嫌、暗い部下になんと言えば?

 

何があったか知らんけど仕事に持ち込まないで!

 

Q プライベートで何があったか知らないが、仕事に持ち込まないでほしい。朝から不機嫌、暗い部下になんと言えばいいですか?

イマドキの若者

A これは本当に困りますねww 切り替えてほしい!の一言ですが、伝え方が大事です!

 

× 「何があったかわからないけど、仕事は仕事だから切り替えて」

 

△ 放置(短期間は良いが、長期間放置では、周りにも負が伝染します)

 

〇 「うかない表情に見えるけど、どうした?何かあったなら、言えることなら言ってね。力になれることはしたいから。仕事でも、プライベートでもね。よかったら時間取るよ。教えてね。そして、仕事中は切り替えてやってほしい。表情に出てるわ。何かあったのなら、切り替えるって大変だと思う。しかし、一人がうかない感じだと、みんなに伝染するから」

 

いかがですか?

 

自分であれば、どうしてほしいでしょうか?

 

そっと置いてほしいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、上司の立場であれば、社内の雰囲気が悪くなることは避けていきたいですね^^全体の士気が下がりますから。

 

上記が実行できるには、まず、自分自身の根っこが健康であること。上司こそ自己承認力!

 

自己承認力®とは『自己肯定感+自己効力感+スキル』

木の図

■自己肯定感とは「あるがまま」「どんな自分も認める」こと。 これこそが重要ですが、デキない自分を「OK」と、認めるのみで、改善しないと、社会では通用しません。

 

■自己効力感とは、どんなピンチな時でも、「私なら乗り越えられる!」「次はどうしたら良くなるのか」「今のままじゃ終わらない」と、「イケる!デキる!」と、つき進められる力のことです。

 

■自己効力感を高く維持し続けるためには、スキル(白文字)が必要です。スキルが浅いなら仕入れ、学ぶこと!
この3つが備わって、公私ともにうまくいきます!(実がなる) では「なにやったらいいの?」を具体的に「即実践できるやり方」に、こだわって体系化した独自のコンテンツです!