相手に親切なメール?『自分が楽』を優先するメール?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

相手に親切なメール?『自分が楽』を優先するメール?

 

「メールを送るのはめんどう」「ちゃちゃっと仕事を済ませてしまいたい」

そう思いながらメールの作成をすると、ついつい「自分が楽」を優先させたメールになってしまいます

いくら早く早くとメールを送ったとしても、わかりやすいメールでなければ返信がなかなか頂けず、その後の業務が遅くなることも有ります

 

相手に親切なメールを心掛け、良い関係性を保ちながら素早く業務をすすめたいですね^^

親切なメール

 

相手に親切なメールとは

 

では、相手に親切なメールとはどのようなメールでしょうか?

例えば、下記のような部分を注意する親切になるのではないかと思います

 

①何が書いてあるか即わかる件名

②後から検索しやすい件名

③日にち、曜日を入れる

④午前午後が一目瞭然でわかるように

⑤相手が検索しなくてもわかるようURL+ハイパーリンク

 

ポイントは、「件名」「具体的」「動線」です具体的にご紹介いたします

 

 

 

相手に親切なメール具体例

 

①何が書いてあるか即わかる件名

× こんにちは

〇 △商事さま企画書添付させていただきます 名前

 

②後から検索しやすい件名

× 新規プロジェクトの件

〇 ◇◇◇プロジェクトのタイムスケジュールの件 名前

 

③日にち、曜日を入れる

× 来週13日の件

× 来週木曜日の件

〇 9月13日(木)お打合せの概要  名前

 

④午前午後が一目瞭然でわかるように

× 7時にうかがわせていただきます

〇 午後7時にうかがわせていただきます

〇 19時にうかがわせていただきます

 

⑤相手が検索しなくてもわかるようURL+ハイパーリンク

× 場所は築地の、自己承認力コンサルタント協会です 

△ 場所は築地駅、自己承認力コンサルタント協会です

  http://h-polish.com/about/(ハイパーリンクなし)

〇 場所は築地駅、自己承認力コンサルタント協会です

  http://h-polish.com/about/(クリックしたら即ページに飛ぶ)

 

 

 

相手に親切なメールを送れる人は仕事がデキる人

 

いかがでしょうか ?

 

あなたのメールは自分が受け取ったときに『楽』『親切』と感じるメールになっていますか?

 

『ここまでやってられない』『時間が無い』『メールが多くて・・・』という方もいらっしゃると思います。

 

しかし、日頃から指示、説明もうまい人は、このようのなメールが自然に作成できています

指示・説明がうまく、確実に相手に伝えることができれば、ミスや遅延が防げ、時間の余裕ができます

 

急がば回れ。

今手元にある業務をただ手放すのではなく、確実に業務が進めていきましょう^^