メールがザツな人は指示もザツ!?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

メールがザツな人は指示もザツ!?

 

あなたは、部下や取引先に連絡をするとき、どのようなメールを送っているでしょうか?

丁寧なメールを作成するのが手間だからと、ついザツなメールになっていませんか?

 

ザツでわかりづらい内容のメールは、その指示を読み取るだけでも時間をとられます

返信が遅い、業務にミスが多い、言った通りに出来上がってこない原因は、上司のザツなメールにあるかもしれません

 

また、部下、取引先にメールを送る際、ザツ・ぶっきらぼう・わかりづらい内容のまま送る方は、お客様にメールをお送りする際にも、どこかそのような部分が出てしまいます

 

日ごろから意識して、丁寧でわかりやすいメールを送り、良い関係を築いていきたいですね

 

 

 わかりやすいメール

 

 

メールがザツとは?

 

ザツ・ぶっきらぼう・内容がわかりにくいメールとは、次のようなものです

 

■簡素すぎる

 ・署名どころか名前もない 

 ・『いつもお世話になっております』程度の簡単なあいさつ文さえない

 ・共有したほうが良い人をCcに入れていない

 

■内容がわかりにくい

 ・説明不足

 ・抽象的

 ・ひとつのメールに複数の内容が書かれている

 ・タイトルが「お疲れ様」

 

■こちらが質問した内容が回答されていない

 ・結論をとばしている

 ・言い訳がメイン

 

別の媒体での返信してくる

 ・メールで質問→SNSで返信

 (記録に残せず不便。自分都合。相手に合わせない

 

 

 

メールと指示

 

私は研修を受注していただく側です

 

当協会、私に対してのメールや物言いが『上から目線』『発注してやってる』という表現になっている経営者の方がときどきいらっしゃいます

そんな方は、社内間でも指示がザツです

従業員の方に研修を受講していただいた際には「ぜひ社長に聴かせたい」「その残念な例、うちの社長です」という声が聴こえてきます(笑)

自分の指示の仕方を棚にあげて、『部下にやる気がない』『使えない』とぼやいているのです

 

逆に、上司、発注先の立場であったとしても、対等で接する人は、社内でも信頼され、好かれています

 

このような内容を日々研修をさせていただきながら、私も自分自身を戒めております

どのような立場の方にも対等に、丁寧で内容のわかりやすい伝え方をしたいですね^^