退職理由が「母に言われたから」の対応

Share on Facebook
Share on LinkedIn

退職理由が「母に言われたから」の対応

 

退職理由が「母に言われたから」

はぁ!?とお思いになるかもしれません

 

けれど、現代の日本では珍しことではないのです

子どもたちは、親と仲良し関係の中で成長していきます

けれど、自信のない(自己肯定感が低い)子は多いのです

だから、自分の意志ではなく、「仲の良い親の言った通りにしておこう」という考えになるのです

 

・・・

自らの将来に対するイメージ。日本の若者は諸外国と比べて,自分の将来に明るい希望を持っていない。

日本の将来

自分の将来に希望を持っている割合は6割強,40歳になったときに幸せになっていると思う割合は7割弱で,いずれも諸外国の中で日本が最も低い。

年代が高くなるほど,その傾向が顕著である。 

引用:内閣府HP

・・・

 

必要な人財であれば、 「親に言われたから」という理由で退職されてはたまりません

引き留める方法を二つご紹介いたします

 

 

 

引き留める方法①

 

ご両親と部下の間にある信頼関係とは別の形の信頼関係をつくる

 

仲良し親子にはない「この上司はすごい!」「この会社で仕事したい」と感じていただける関わりを心掛けていきましょう

 

日常的にそのようなかかわりができればよいのですが、そうでない場合も「親に言われたので…」と退職を申し出られたときの対応で、部下の心も変わる可能性があります

 

具体的な対応方法は、「引き留める方法②」をご参照ください

 

 

 

引き留める方法②

 

「親に言われた」以外の理由を引き出す

 

辞める理由は1つだけでない場合もあります

そこを掘り下げ、しっかりと聴き、具体的な内容を訊き、共感します

 

そして、「あなたには居てほしい」+「自分の考え&指導」+「アクションプラン」とういう順に提案していきます

 

例)

部下:実は同僚Aとうまくいってなくて・・・

上司:なるほど。うまくいってなかったのか(おうむ返し)

そういう事情もあったんだね(共感)

だけど、うちは、私は!あなたに居てほしい。辞めないでほしい(必要とする言葉)

同僚Aとずっと一緒というわけではないし、部署移動もある。そして、企業にはどこでも、多かれ少なかれそういうのはゼロではない(自分の考え&指導)

 

3カ月考えてみて!私も力を貸すから!どうしたら良くなっていくかなぁ・・・(一緒にアクションプランを考える・部下にも話してもらう)

 

×

上司:お母さんが言うんじゃしかたないね

上司:自分の意見や考えはないんか!

 

まとめ

 

いかがでしょうか?コストをかけて、採用、教育し、辞めたいで『はい。さよなら』ではもったいなすぎます!

引き留めるのは、社風や、企業内容ももちろんありますが、上司の腕も影響大ですよ!

この上司と一緒に働きたい!と思われる上司でありたいですね^^