やる気の出る声かけとは

Share on Facebook
Share on LinkedIn

やる気が出る声かけとは

がんばってね』と言われてイラッとしたことありませんか?

『がんばってね』と言われて『もうがんばられへん!』『がんばってるっちゅうねん』と、感じる時、私は実はあります

真面目で、責任、タスクが重く、多い方ほど、もうすでに『がんばっている』のです 

 

1周年パーティ

 ※写真は自己承認力コンサルタント協会1周年記念パーティの準備風景です

スタッフたちは自らタスクをみつけ頑張ってくれています

 

 

「がんばって」といわれた時の気持ち

 

すでに頑張っているときに、「がんばって」といわれると、追い打ちをかけられたように感じることがあります。

だから、気が重くなったり、イラッとすることがあるのだと思います

 

すでに頑張っている人に対して「がんばって」という言葉は必要ないのではないかと私は思います

 

「がんばって」といわれたら、その場では笑顔で『ありがとうございます!』と返事をし、心の中で『もう十分がんばってる!』叫んでください

 

『もう十分がんばってる!』と心の中で叫んだところで、 すでに頑張っているあなたは、それで怠けたり、進化しなくなる人ではないはずです!

まずはご自身のことをご自身で労ってみてくださいね

 

 

がんばらない部下になんていうたらええの?

 

では、自分は『がんばってね』と言われて『もうがんばられへん!』『がんばってるっちゅうねん』と、感じイラッと来る時があるのに、部下、パートナー、子供に言っていることがありませんか?

 

こちらから見れば、『まだまだだ』『ヌルい』『もっとちゃっちゃとやれぇ!』と感じることもあるかもしれません。しかし、その場合でも本人は『本人の中でがんばってる』もしくは、本当にがんばっていないかもしれません

 

『がんばってね』と言われてがんばる人なら、すでに、がんばっているはずです!

 

このような場合は「がんばってね」ではなく

◎ 『がんばってね』(がんばってなかったら『がんばってみよう』と感じます

× 『がんばってね』

こんな感じに変更してみてはいかがでしょうか?

 

『がんばってほしい』こちらの意向が『がんばってみよう!』と相手に伝わるように!

 

そのあと、指示・指導、こちらの意向の順番で伝えるてみましょう

部下、パートナー、子供との良い関係性というゴールを目指すなら、この方が、相手はがんばれます^^

ぜひお試しくださいね