いつも一匹狼。部下は使い捨てだと思っていました

Share on Facebook
Share on LinkedIn

いつも一匹狼。 部下は使い捨てだと思っていました

 

 

 

私がホステスNO.1時代、売上を伸ばすために工夫していたことについて書かせていただきます。

 

チームワーク

 

 

NO.1だった私は 自分専属で仕事をしてくれるヘルプ(部下)を雇いました。

 

 

 

道やカフェで「可愛い!」と思った子に 声をかけ、自分の下に付けました。
女性ですから、 警戒されずお店に引き抜くことができました。

 

 

 

私の顧客層は接待でお越しになる方が多く、経費が使えるサラリーマンと、経営者が中心でした。その方々の望むものは、可愛くて楽しませてくれる女の子がいることはもちろんですが、自分が接待するとき「自分がしなくてはならない業務を代わりにサポートしてくれること」だと私は察しました。

 

 

 

自分自身が楽しみたい

 +

まず第一に、接待しているお連れ様が満足していただけること。

 

 

 

それは 

・かわいい子が愛想よく会話し、 粗相なくあること

・お店に来る前の飲食店の予約、手配

・事前に近隣まで迎えに来るなど、「プラス@のプレミアムなおもてなし」

・来店後の店側からのきちんとしたお礼

・お客様のお連れ様 (枝と呼んでいました)にもお中元、お歳暮のごあいさつ回り

 

 

 

1日20人~30人のお客様にご来店いただいていた私は

・どのお客様にどのヘルプをつけるか

話したほうがよい話題の入れ知恵。満足していただける会話の流れ

・VIP顧客さまのご予約があった際には、お好みの服装、ヘアースタイル

・来店時の出迎え方、お見送りの仕方

・自分が気に入られていない時のテーブルでの作法

  (話題に入れなくてもふくれっつらをするな」など)

細かく指導しました。

 

 

 

なのに、なのに・・・こんなに細やかに指導しても、現金や洋服をプレゼントしてをあげてもヘルプが辞めていく・・・ついてこない・・・

 

 

 

「こんなに可愛がっても辞めやがって!お前ら使い捨てや!」と、その当時思っていました。売上だけはあげられる一匹狼プレーヤーで、やっとこさのNO.1を維持していました。

 

 

 

過去の私は、プライドばかりが人一倍高くて、傲慢な強がり天狗でした。

 

 

 

今なら、私は部下(ヘルプ)のやる気を引き出すには、褒める・認めることを織り交ぜながら指示することがチームワークが良くなり、売上が上がることとなり、結果として、自分に得られる効果・対価があるとわかります。余裕、ゆとりもあります。

 

 

 

現在、歳は重ねましたが、今のほうが売上を上げられる自信があります(笑)