部下からミスを指摘されたら謝る上司ですか?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

あなたは部下からミスを指摘されたら謝る上司ですか?

 

部下、妻(夫)、子供など、 

目下や近しい人からミスを指摘されたとき、素直に謝っていますか?

謝る上司

 

謝ることのない父を許せなかった私 

私が小さいとき、食卓でお椀を倒してしまうと、父に激怒されていました

けれど、父は、ビールをたらふく飲んで、酔っ払い、グラスを倒しても「あぁ。やってもたww」で済ませる

私は、そんな父が許せませんでした

 

父も、自分の親にそのように育てられたのでしょう

子どもは育てられたように育ちます。しょうがないのです

けれど、そのような負の連鎖は断ち切ったほうがよいと私は思います

 

 

ミスを素直に認められなかったときには

私も長男の子育ての時に、「親」というパワーゲームのもとに叱ったことがたびたびあり、今は本当に反省しています

このような反省の経験がない人はいないと思います。ミスは誰にでもあります

 

反省した時には「あの時ごめんなぁ」と伝えるといいと思います 

たとえ月日が経過していたとしても伝えることに意味があります

 

私も長男に「あなたが小さい時、ママはいつもカリカリして、余裕がなかったのよ。弟よりたくさん叱ってしまったわ。昔のことだけどごめんね」と、長男が中学生の時に伝えました

 

 

部下も子ども、上司・親の姿勢を見ています!

悪いことは叱る!しかし、自分が悪い時は素直にきちんと謝る!

これができる人の下に、人はついてくるのだと思います。信頼できるからです 

 

自己承認力が高まれば、これができます

自己承認力とは、自分自身を認め、自分の能力を認め、それを社会に活かせる力

失敗してもそれが自分の全てではないと知っているので、その部分に関しては素直に謝ることができます。また、苦手なことは素直に人に頼ったり、相手を信頼して仕事を任せられたり、良いチームを作ることができます

 

「謝らない」というのは良いプライドではないと、私は思います

部下がミスを指摘することのできる環境=上司に意見を言える風通しの良い環境であり、良い環境だと思います。ここでさらに素直に謝ることができる心と謝罪力を身に着けることで、より部下や子どもに信頼されるのです