求人 アルバイトが来ないときに試すこと

Share on Facebook
Share on LinkedIn

求人 アルバイトが来ないときに試すこと

 

企業にとって、良い従業員に集まっていただくことはとても大切です

けれど、求人を出してもなかなか応募がない、アルバイトがすぐやめてしまうなど、従業員確保について課題は尽きません

 

今回は、コストをかけずにお試しいただける、求人・アルバイト募集の方法として、3つの方法をご紹介いたします

1、御社の状況を見直す

2、応募者の気持ちを考える

3、心理状況を変える

 

取り入れやすい部分のみご参考になさってください

求人が来ない

 

1、御社の状況を見直す

 

◆自社の強みをしっかりと分析し、計画する

 競合他社と差別化できる部分はどこかを改めて見直し、その部分を表現できる求人要項を作成します

 

◆関連業界の勉強会に参加し、自社の環境を把握しておく

 自社の強みを、売りになる環境を知るために、関連業界の求人状況を把握します

 

◆告知する広告メディアを見直す

 現在は、インターネットでの求人募集が多くみられますが、インターネットだけでなく、他のメディアでの求人も検討してはいかがでしょうか

 

◆独自で、わかりやすい広告のキャッチフレーズに変える

 キャッチフレーズは適切でしょうか?わかりやすいでしょうか?自社の強みが伝わる内容であるか、再確認します

 

 

2、応募者の気持ちを考える

 

◆働きやすい募集条件に変える

 給与の変更ではなく、勤務体系を変更することは可能でしょうか?短時間勤務や曜日を選べる環境など、応募条件を見直します

 

◆仕事内容と職場の雰囲気を伝える

 応募者の目線で、しっかりと伝えることが大切です。働き始めればとても良い職場であっても、応募や面接の段階でそれが伝わっていなければ、求人には意味がありません

 

◆立場を逆転させて、応募がない原因を探す

 なぜ応募がないのか?応募者の立場になって再度見直してみましょう。自分だったらどう感じるか、客観的視点を持ちます

 

 

3、心理状況を変える

 

◆この人が候補者になるかもしれない、と考える

 ふだんから人脈をふやし、応募者候補・従業員候補となる人を増やしましょう

 

◆新たな出会いと思い、相手を大切にする気持ちをもつ

 どのような出会いがチャンスにつながるかわかりません。常に相手を大切にする気持ちを持ちましょう

 

◆きっと素敵なスタッフに囲まれるとイメージする

 イメージを膨らませることで、新たな方法が思い浮かぶ場合があります

 

いかがでしょうか?

取り入れやすい部分からお試しくださいね