達成感・完了感を感じるための5つの工夫

Share on Facebook
Share on LinkedIn

達成感・完了感を感じるための5つの工夫

 

 

達成感を得たい

 

 

①ストップウォッチ、タイマーの活用
時間を切り、自分自身で「できた感」を感じる習慣をつける。

 

 

②やり残した業務は先のスケジュールに、予定変更として、記載しなおす
× やり残し ◎ 予定変更 という考え方をしてみる。

 

 

③業務終了時間を先に決める。
早く業務を終わらせることが出来た時、先の「やっておいたほうが良い業務」を行わない日を作る(何曜日・週何日など決めておく)

 

 

④即できる一人遊びをリスト化しておき、早く業務を終わらせることが出来た時、行う。休息上手になる。「ストレスに勝つ!フォーマット作成方法」参照

 

 

⑤時間通りに終われた時には「すごい!さすが私!よくやった!さすがっ!」と自己承認する。他人に承認を求めても、自分が思う通りのものは得られません。自分の頑張りを一番知っているのは自分です!