人材育成 ポイントランキング

Share on Facebook
Share on LinkedIn

人材育成 ポイントランキング

人材育成

人材(人財)育成に成功するためのポイントを、教育とその評価に絞りました。

御社に合う方法をとり入れてみてください!

 

(1) 階層と目的におうじてターゲットを限定する

例として階層では新入社員、中堅社員、幹部社員など。目的ではメンタルヘルス(セルフケア・ラインケア)、コンプライアンスなど。チームワークも重要

 

(2) 育成者の教育

まずは会社の育成者用のプログラムの作成が必要

会社独自のカリキュラムの方が、社内のモチベーションがあがる

 

(3) 教育手段を使い分ける

直接(座学)と間接(インターネット、イントラネット)の、それぞれの利点を活用し組合せる

 

(4) 一人ひとりの社員が自分で学ぶ習慣をつける

仕事に興味をもち、その目的、重要性と達成感を得る方法を伝える

別の人に教える喜びを実感させる。従業員満足度の向上の効果あり

 

(5) 自分を自分で評価する

目標達成の人事・業績評価システムに、全社の目標だけでなく、個人の目標も入れる