承認欲求が強すぎる部下の育成方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

承認欲求が強すぎる部下の育成方法

承認欲求が強い

幼少時期からの家庭環境と、インターネット普及によるコミュニケーションが普通となった社会環境から、承認欲求が強くなるのは自然なことなのかもしれません。

 

そのために、会社での部下と上司の関係にも影響があり、従来の教育的指導のやり方を見直す必要がありそうです。

 

ポイントは、良くないことを無理に直そうとせず、むしろ活かして育成すること

その方が誰にとってもありがたいと思います。

 

例えば、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のやり方を取り入れて、部下の育成はいかがでしょか?

 

以下、アイデアを紹介します。

 

・部下の手柄は褒めて、部員と共有できるように拡散する

・いい悪い反応は、できる限りはやく部下に伝えるか、伝えようとする

・部下のアイデアを聴くだけの時間をつくる

・写真や動画を活用した仕事のやり方を取り入れる

・オフィス内に社員同志が集えて、くつろげるスペースをつくる

 

さりげなく、できるところから、期日を決めて、進めてみてはいかがでしょうか。