「結論から話す」部下に育てる!指導話法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

「結論から話す」部下に育てる!指導話法

結論から話す

 

例えば、 

自分「△日16時T社に行ける?」 

部下「△日は会議が15時まで入っていまして、17時からはA社と打ち合わせで」 

自分「だから16時T社に行ける?」(イラッ) 

部下「15時の会議が1時間で終わればいいのですが、A部長は大体時間が押すので・・・」 

自分「16時は無理なの?」(早く言え状態) 

部下(ビビる・・・)

 



 

結論から答えられないのは、 

出来ない、NOを言いづらい → デキない奴と思われたくないからです

 

 

指導法 

↓↓↓ 

自分「私が一番早く、知りたいのは何だと思う?」(質問・答えさせる)

 

部下「16時T社に行けるかどうか?でしょうか」 

 

自分「そう!正解!(褒める) 

まず『16時は可能です』『今の状況ではわかりません』『難しいです』を答えてから、理由を『どうしてかというと』で話すこと」(短く話す)

 

部下「はい・・・」 

 

自分「〇〇(部下)さんは丁寧で、誠実な人だから、状況をわかってもらおうと、結論より、今の状況を話してしまうのかもしれない。(性格を考慮し、褒める・認める) 

だけど、 

①『質問の答え、結論から話す』をクセづけること。 

②相手が知りたい情報を一番に話すこと。(箇条書きに話す) 

言いにくいことや、今わからないことでも、結論から話せるのが、相手にとって親切だよ」(結論から話すことは親切なのだとわかってもらうこと)

 

部下「はい!気を付けます!」

 

・・・

 

部下が「結論から話せるようになる!」のは、本人の素質もありますが、あなたの指導次第です 

まれに結論から話せたとき、大褒めしてくださいね!定着します!

 

質問の答えを結論から話せない部下