社員を引き込む忘年会挨拶!自己承認力流®

Share on Facebook
Share on LinkedIn

社員を引き込む忘年会挨拶!自己承認力流®

忘年会の挨拶

「個」ではなく、「社員全体」を承認する挨拶=愛社精神が高まる

 

自己承認力流、忘年会挨拶のポイント 

「個」ではなく、「社員全体」を承認する挨拶=愛社精神が高まる

 

この会社にいてよかった!と思う言葉が入っているか?

 

例)
× ねぎらいなし&追い打ちのがんばれ

:今年も大変でした。あと少し、さらに頑張っていきましょう

 

△ 普通のねぎらい

:みんな今年もがんばってくれました(具体的事例ナシ)

 

○ 自己承認力Ⓡのねぎらい

:みんなのおかげで今年もあとわずかです。 

来客の際には笑顔でお茶出しをしてくれてる業務部。うちの看板です! 

納期がタイトな中、何とか間に合わせようとやりくりしてくれてる設備部。 

競合が多い中、企画に工夫を重ね日々走り回ってくれてる営業部・・・。(部、課、ごとにねぎらう)

 

・・

 

忘年会は一年間の労をねぎらう席です。 

社員から一目置かれるような言葉で締め括りたいものですね。