指示待ち・受け身部下が「発言・提案・行動するようになる3つの法則」

Share on Facebook
Share on LinkedIn

指示待ち・受け身部下が「発言・提案・行動するようになる3つの法則」

 断られたときの切り替えし

脱!指示待ち・受け身になるためには3つの学びがあります

 

1 自信をつけさせる

2 仕事は楽しいと感じさせる

3 円満な社内環境を整える

 

指示待ち・受け身な方を見ていると、どうも「自分対自分」のコミュニケーションに問題があることがわかりました

 

「早く帰れて残業もナシ。もうすぐ定年だから」「自分が言わなくても誰かがいいからほっておく」「言われたことだけやっておけば怒られることは無い」こんなことを考えていそうなら要注意!

 

本人の何気ない言動が、視野を狭くし、本来のすでに持っている能力も埋もれている可能性があります

 

しかし大丈夫です!とっておきの秘策が解決する方法があります。

 

部下育成には即結果が出にくいことや、数字に出にくいこともあります。

ですから、「自発的に仕事をすると自分が得する!」と感じる環境を整え、上司が身に着けて伴奏すれば、無理なく矯正、成長出来るのです。

 

そして、指示待ち・受け身部下がその下の部下を大好きになり、出来ている部分は認め、出来ていない部分は「どのようにしたら自発的行動が出来るようになるか?」を指導できる上司になりますよ

脱!指示待ち・受け身部下 3つの学び