脱・パワハラ!学ぶ場を与えるタイミング

Share on Facebook
Share on LinkedIn

脱・パワハラ!学ぶ場を与えるタイミング

パワハラ・成長過程

企業にパワハラ社員は必ず一人か二人はいます。 

 

「ちょっとしたことで、怒鳴られて叱られていた」「声を荒げてものを言われるのが通常だった」家庭や部活動の環境が原因です。そういう環境に育ったからです。 

長年の習慣、教育がそうだったので、「パワハラ(怒鳴る。声を荒げる)のが普通」なのです。

 

言われたことができないと、怒鳴られる。理不尽でも言うことをきかないと、叱られる中、抑圧されて育ったので、それ以外の指導方法を知らないのです。

 

社会に出て、企業に所属し、悪しき伝統継承を断ち切るタイミングが必要です。 

その部下を放っておいても自然に治ることはありません。しっかりとした、教育と研修が必要なのです。

 

もし、その部下がパワハラのままだったら半年後、1年後、組織は、

・離職率の増加
・精神疾患者の増加

 

そのタイミングは、御社に帰属している以上、経営者が与えるものです。

社内の士気が下がる前に、社内の雰囲気が悪くなりすぎる前に、知っておく必要があるのです。