自分が満たされていないと部下を褒められないのです

Share on Facebook
Share on LinkedIn

自分が満たされていないと部下を褒められないのです

 自分を満たす

下記の項目に、該当する方は『自己承認力』が低い場合が大半です。

※ 自己承認力®=何があっても乗り越えられると思える力

 

●幼少時代、親の指示、願いに添えなくて、(なれなくて)劣等感を持った

●愛してほしいと、思っても愛してもらえず、さみしいと感じた。愛されていない気がした

●あなたを認めず、否定したり、「さみしい」と、感じさせる親が、腹立たしかった

●あなたが「したこと」「できたこと」を親から否定や「当たり前だ」「たいしたことない」と言われ、罪悪感をもった

●親に褒められ大事に育てられたが、挫折が少なく、全員の人に認められないと気が済まない。しかし社会では叶わず、頑張り続けて疲れてしまう。完璧主義

 

赤ちゃんを自宅におきざりにしてホストに通う若い母親も、しつけと称し 感情のままに体罰をやめられない父親も、 『自分も似たように育てられた過去』が多かれ少なかれあります。

 

子供のころは「可哀想。ひどいことされて不憫」と思われますが、当時(昔は)「家庭のしつけ方」と、 誰にも助けてもらえず、見て見ぬふりが多かった時代です。

 

そして、そのような教育を受けたから、大人になり、そのように教育連鎖してしまうと、(現代は)「ひどい親だ」と非難、処罰を受けるのです。

 

ここまでひどい例ではなくとも、テストで100点を取っても、 「それぐらいできて普通だ」「まともな企業に就職できない子に育てた覚えはない」など、何をやっても認められないと、心の「見えない傷」として残ります。

自分も、家族も、部下も認められない大人になります。

 

「自分がされてきたイヤな連鎖」を、自分の代で断ち切りましょうよ!

 

『自分が与えられていないものを、自分は与える』これほどハードルの高いものはありません。
自分が満たされていないと部下を褒められないのです。

 

一度しかない人生「私は幸せだ!」「この人生でよかった!」と思える毎日を手に入れて、仕事を成功させ、これからの人生を過ごせますように!

 

私は、もう一度生まれ変わったら、実は自分の過去はイヤです。

 

だけど、「今の自分には、生まれ変わってもなりたい」と思います!
この思いをすべての方に、手に入れていただきたいのです。

 

何があっても乗り越えられると思える力【自己承認力】 手に入れて、仕事・プライベートを充実させてください。