若年層社員に多い「自分がどう見られているか気にしすぎて周りを疲れさせてしまう」

Share on Facebook
Share on LinkedIn

若年層社員に多い

自分がどう見られているか気にしすぎて周りを疲れさせてしまう」
 

他者の評価を気にしすぎるあまり、 「私ってどう見えます?」ばかり言って(考えて)しまい、 

「そんなあなたに興味ないよ」 「自分の話ばかりするなぁ」「めんどくさい人」 「褒めてもらいたいんだなぁ」と、 自分の自己評価の低さを アピールすることとなります。
 

社長・上司である立場の方は下記の文章をお読みになり、 部下・社員の心理状況を理解し、配慮して、 指示・指導を行ってみてください。
↓↓↓

________________

『他人の目を気にしないで』

「他人の目を気にしすぎないようにしましょう。
もちろん、他人の迷惑になるようなことは
してはいけないし、他人に対して
思いやりをもつことは必要ですが、

いつもいつも他人の意見を重視するあまりに、
自分の意見を忘れてしまい、
自己を見失ってしまわないようにしましょう。

小さいときから「よその人に笑われるよ」
「他人が何と言うか」と、つねに言われて育つと、
自分のことより他人の批判が気になって、

他人がどう思うかと心配し、
外面をよくすることばかりにとらわれて、
中はからっぽということになりがちです。

これが習慣になると、「さて、自分はどう思うか」
と問われたとき、何も出てこないということに
なってしまいます。

 

ほかの人にどう思われるかという
考えが出てきたら、「自己指向!」
という忠告の言葉を口に出して、
習慣を破りましょう。

そして、「自分の意見はどうなのか」を、
少し時間をかけて育てていきましょう。

自分の意見を重視できると、
最終的には他人の意見も、
その人の意見として尊重しながら
聞くことができるようになります」

心の傷をいやすカウンセリング366日

引用:心の傷をいやすカウンセリング366日
西尾和子氏 より
_________________

生まれた時から「人の目を気にしすぎる人」などいません。

そういう生育背景があったから、そうなったのです。

そこを理解して、「治したい」と、思えば治せます!

 

いろんな社員がいるなか、それらを理解して、人材育成することが、企業成長の近道だと私は考えます!