感謝デキない社長の打開策

Share on Facebook
Share on LinkedIn

デキない社長 7つの特徴 

⑦感謝デキない社長の打開策

感謝できない

第三者の前で、聴こえるように口にすることを心がけてください

 

「給料払ってるんだから仕事して当然」 

「うちは〇〇手当を付けてるんだからありがたく思え」 

「BBQや運動会などイベントも行ってるのに、やる気がない」

 と、いう感覚の方が多いのです(高山綾子ヒアリング調査)

 

おっしゃる通りです。おっしゃる通りです

 

・・・

 

しかし、それをむき出し状態の「やってやってんだろお前ら」オーラ満開の社長の下で仕事して、社員様はやる気になるはずがありません!

 

即できる打開策

↓↓↓ 

感謝の言葉を第三者の前で、聴こえるように口にすることを心がけてください

 

例)商談の際、お客様の前で、「うちは社員が優秀で、私が支えられているんです」と、第三者の前で、聴こえるように口にすることを心がけてください 

直接言われるより、効果絶大で「そんな風に思ってくれていたんだなぁ」と感激されます

 

社員のやる気は社長次第!ぜひ実践なさってみてください

 

デキない社長 7つの特徴 

①人を緊張させる 

人を緊張させる『怖い』社長の対応法

②年齢、役職によって態度を変える 

③「我」が強い 

聴く耳を持たない方への説明方法

④社員をこき下ろす。デキないとぼやく 

⑤プライドが高い。自己開示ができない(失敗談は語らない) 

見栄と虚勢!プライドの高い社長 4つのトリセツ

⑥家族の仲が悪い(家長としても統率が取れていない) 

自分自身の『癒し方』習慣法

⑦感謝をしない