怒りの逃がし方 7つの知っておきたいこと

Share on Facebook
Share on LinkedIn

怒りの逃がし方 7つの知っておきたいこと

 

 

怒りの逃がし方

 

 

①期待をしていた自分を知る

例えば、「指示を出したからちゃんと仕上げてくれていると思ってたのに、仕上がってなかった」から腹が立つのです。「あぁ。自分は期待してたんだなぁ」と、自分を客観的に見るようにしてみてください。

 

 

 

②期待をするのを止めることを自分の中で誓う

注)部下に期待していないことを悟られないようにしてください!期待していると感じる関わりが部下を伸ばします。「君は出来る奴と信じてる!」と、部下の前では言い続けてくださいね(たとえそう思えなくともです)

 

 

 

③その人と距離を置く
可能な限り距離を置いてください。

 

 

 

④リセット出来る場所(トイレ、自然など)に行く
キレそうになったら場を移してください。

 

 

 

⑤時間を置く

 

 

 

⑥ひとりになったら平常心に戻るまで深呼吸をする

 

 

 

⑦「キレる前に、自分をおさめた自分は本当にえらい! 」と、自己承認する。 
例)「そりゃ腹立つわ。当然だ。キレずによく我慢した!」と、自分自身を労ってください。
 

 

 

怒りや憎しみは心の毒です
ジョセフ・マーフィー