言われたことしかやらない部下対策

Share on Facebook
Share on LinkedIn

言われたことしかやらない部下対策③④

③    意見を反映させる 

④    褒め上手な上司であれ

 

↓↓↓

 

③    意見を反映させる
自分の仕事の先にあるものが見えると、意見が生まれます 

そのときに大切なのは「どうせ言っても無理だ」と思われないこと 

それには日頃からある程度の決定権を与えてあげてください

 

通常の指示出しも、「これ1週間以内にやって」と、決定事項形式で伝えるのではなく、「これ一週間以内にやってくれたらありがたいのだけど、君なら何日ぐらいでできそう?」という言い方にすると、限られた中ではありますが、「自分で決めた感」を得ることが出来ます

ちょっとしたことでも、ゆだねる訊き方、話し方をすることで達成感を感じてもらえます

 

④    褒め上手な上司であれ
部下に働き甲斐をもってもらうためには、まず【ご自身が心身共に健やかであること】が大切です

 

自分がストレスだらけであれば、自分自身が「私のこと褒めて、私を認めて」という状態になり、他人にまで気が回らない 

そういう上司は、偉そうになりがちです

 

「俺のプレゼンどうだった?」なんて訊かれたら部下は「よかったです」と言うしかありませんし、相談を受けた時も「その場合、俺だったらな…」と自分の武勇伝になってしまいます

 

これでは円滑な部下と上司の関係は生まれない⇒やる気を失う。部下の話をじっくり聴いて、自分も、他人も褒めて、認めることを、心がけてみてください

 

会社の未来完成図、目指している方向性などをパート、アルバイトさんにも伝え、意見を取り入れる環境を作る

 

「個の達成感」を満たせる制度を構築することで、「仕事が楽しい♪」愛社精神が沸き、「この会社のためなら!!」と、感じます。その積み重ねが、結果となり、やる気と成果が出ます

 

ご参考になれば幸いです

 

言われたことはやってくれるが覇気がない部下

「言われたことしかやらない部下対策①②」