退職希望者への対応を変えた理由

Share on Facebook
Share on LinkedIn

退職希望者への対応を変えた理由

退職希望者への対応

『私を知ることから逃げていた自分に気づけた時間』 

飲食経営者 Mさま 46歳の研修ご感想をご紹介させてください

 

↓↓↓

 

研修を受けて改めて自分について深く考えるようになりました。 

受講する前は、部下や取引先に対しての接し方を教えてくれるのではないかと思っていましたが、セミナーが始まると他人ではなく、私自身を知ることがはじまりました。

 

そして受講中に強烈に感じたのは、今まで自分と向き合っていなかった私の存在です。 

今まで最も考えるのを避けていたのが私自身だと気付きました。

 

私は小規模ながら飲食業を営んでいます。従業員も20人ほどで、都内で2つの店舗を経営しています。 

 

日頃の悩みは業務管理です。特にスタッフの教育や意欲を保たせるためにはどうしたら良いのか常に考えています。

 

このセミナーを受講して分かったのは、私だけでなく誰にでも「自分」がいることです。

 

まず、それぞれの自分を認めることが何よりも大切で、自分を承認しているからこそ相手にも気持ちが伝わるのだと分かりました。

具体的な方法も教えていただき、すぐに実践することができました。

 

今まで従業員をどう働かせるかばかりを考えていた自分が恥ずかしくなりました。 

 

受講後に会社に戻ると部下から退職したいとの相談がありました。私は2週間だけ待って欲しいと伝えました。そして、あなたが考えていることを教えて欲しいと頭を下げました。これまでの自分なら絶対にしなかった行動です。

 

でも、セミナーを受けて私は自分自身を、そして従業員にもその人自身を大切にしてもらいたいと心から思いました。ですから、私の会社で働かせるために話を聞くのではなく、部下が抱えている問題を聞いて、彼を認めてあげたいと素直に思うことができました。

 

今でもまだ自分自身と向き合うのが怖いときがあります。 

しかし、以前の私とは少し違います。 

受講してからは、自分から逃げていた自分でもいいのだと思えるようになったからです。

 

まだまだセミナーで教えていただいた内容を実践するのには時間がかかるかもしれませんが、私という存在をしっかりと認められるまで焦らずに取り組みたいと思っています。

 

お受けいただいた研修 ≫ 管理職研修