「仕事が遅い」と気づいていない部下への指示法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

「仕事が遅い」と気づいていない部下への指示法

仕事が遅いときづかない

仕事のスピードが遅い人の特徴

 

3.自分が「遅い」と気づいていない

 

これは気づいていただく必要があります!

 

例)

×「△の書類整理は大体30分くらいで、みんな出来るてるよ。Aさんだけ遅いから、もっとスピードアップしてもらわないと困るよ」

 

〇「△の書類整理は大体30分くらいで、出来るよ(結論) 

この業務に1時間かかってるから、30分に近づけてほしい。(具体的指示)

仕事が丁寧で、一つづつ確認して行ってくれるAさんの仕事ぶりは評価してる!(褒める・認める)

しかし、スピードも大事だからね。(こちらの意向)

30分に近づけてほしい。(再度結論)

どうしたらスピードが上がるか考えてみて。もしくは早い人の真似をしてみて。一回やってみて(考えさせる&真似を促す)」

 

・・・

 

いかがでしたか?

成長につながる指示の仕方を!

 

仕事のスピードが遅い人の5つの特徴

プレッシャーを感じにくい部下への指導法

仕事の全体像が見えない部下への指示の出し方

仕事に対するモチベーションが低い部下への指導法

マイペースすぎる部下の指導法