続・仕事が出来る人の思考ポジティブ思考変換

Share on Facebook
Share on LinkedIn

続・仕事が出来る人の思考ポジティブ思考変換

 

 

 

仕事に置き換えた具体的事例
 
考え方を変える
 
 
例)
<出来事> 
仕事が忙しい

 
 
<信念・固定概念>
ネガティブ : なんでこんなに忙しいんだ。やってられない。
ポジティブ : 期待されてる証拠。成長の時期。今後へつながる
 
 
<結果>
ネガティブ : 疲れを感じる。イライラする
ポジティブ : イキイキ仕事。楽しい・元気!
 
 
 

大事なことは、ネガティブであってもいいのです!「ポジティブな信念・個体観念であれば結果が変わるんだなぁ」と知っておいていただきたいのです!

 

 

 

ネガティブに「なんでこんなに忙しいんだ。やってられない」と思った後に、「期待されてる証拠。成長の時期。今後へつながる!」と自分の中でスイッチを入れなおすイメージです。

 

 

 

自分の信念・個体観念を知った上で、『望む結果のために変えることが出来る』を目指す!どうせイヤイヤやっても、イキイキやってもやる業務は変わらないのですから^^

 

 

 

では例題です。

 

 

 

 

<出来事> 
時間がない(仕事の量が多い)時

 

 

 

<信念・固定概念>
ネガティブ:「          」
ポジティブ:「          」

 

 

<結果>
ネガティブ:「          」
ポジティブ:「          」

 

 

鍵かっこを埋めてみてください

(答えは時間が無く業務量が多い時の思考転換でご紹介しています)

 

 

 

ネガティブな上司の下では部下もネガティブになり、社風として根付きます。

上に立つ発信する側としてご自身の信念・固定概念を鍛えてください!

 

 

 

仕事が出来る人の思考ポジティブ思考変換

時間が無く業務量が多い時の思考転換