消える、辞める部下の指導法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

消える、辞める部下の指導法

消える部下

『今』を安心させること!

近い『未来は明るい。楽しい』を示し導くこと(遠い未来はイメージがつきづらい)

 

このタイプは2パターンに分かれます

①責任感がありすぎて耐えきれなくなって逃げる

自分が失敗する前に、『行わない(失敗する前にやらない)』ことを選ぶ

 

②集中、やる気が続かず、耐えきれない。現実逃避 

心理状況は目先の評価が気になるのです

 

消えたら(辞めたら)、結果信用を無くしたり、失業したりしますが、先のことまで考えられず、目先の評価が気になるのです

 

 

指導法

↓↓↓

『今』を安心させること!

近い『未来は明るい。楽しい』を示し導くこと(遠い未来はイメージがつきづらい)

 

〇 失敗しても大丈夫だよ

〇 君は責任感が強いから、緊張するかもしれないね

〇 いつもよくやってくれてるよ。少しづつ成長してるのを感じてるよ。比べるべきは過去の自分!他人じゃないよ

〇 3年後このペースだと△になれるよ

などなど・・・

 

『めんどくさい』『なんでここまで』とお感じになると思いますが、彼、彼女らを、上司が補強しながら育てていくしかありません!

 

『解雇しない。雇用しつづけることが決定している』のであれば、育成するしかないのです

 

『疲れる。やってられない』ご心情をお察しします。しかし、行ってみてください。

 

消える部下が減り、マシになります!

まわりまわってご自身のためです!!

 

職場をむしばむ!使えない部下ランキング&指導法