キャンセル、断る時も結論から!デキる人の伝え方

Share on Facebook
Share on LinkedIn

キャンセル、断る時も結論から!デキる人の伝え方

断り方

 

例えば、契約すると一度言っていたのに、キャンセルすることを決めたとき、言い訳から話していませんか?

 

どんなに言いにくくとも、結論から伝えましょう!

 

相手が聴きたいことを先に述べる癖をつけること

 

例)導入しますと返事をしていたのに、社内検討後、導入をしないことになった

 

〇 申し上げにくいのですが、実は導入できなくなりました。理由は△で、稟議の結果です。御社の良さと痛感しているので是非とも導入したかったので、私としても残念です

 

導入のお返事をしていたにもかかわらず、このような結果となったことを本当に、心苦しく思っております。心よりお詫び申し上げます

 

× 先日、社内会議がありまして、意見を戦わせました。御社のおっしゃるように、△で押したのですが、稟議で決定してしまい、私としては導入できると思っていたのですが、

 

今回は導入出来ないこととなりました。申し訳ございません。

 

・・・

 

いかがでしょうか?

 

自分が言いにくい < 相手が知りたいこと

 

話が分かりやすく、早い(結論から言える)人はかっこいいです!

 

『結論→理由→丁重に、相手に伝わるように謝る』が出来れば最高ですね!