名刺交換『勘違い』初対面と思っていたら面識のある方だった

Share on Facebook
Share on LinkedIn

名刺交換『勘違い』初対面と思っていたら面識のある方だった

名刺交換での失敗

 

自分「はじめまして。デキる部下の専門家、高山綾子と申します」

相手「えっ。以前お逢いして名刺交換していただいていますよ」

自分「本当ですか!大変失礼いたしました。いやぁ、なんで忘れたんやろ。本当にごめんなさいね。3枚集めたらハワイに行けますから(笑)もう一度お願いします」

 

再度、名刺交換を行う

 

■『いやぁ、なんで忘れたんやろ』→呟く(自分のひとりごと)言葉はわざと崩した言葉で、親近感があり偉そう(失礼)になりません

 

■大変失礼しました。本当にごめんなさいね→2重に詫びる。誠意が伝わる・申し訳ない表情をする

 

■3枚目集めたらハワイに行けますから→笑いを取る・満点の笑顔

 

・・・

 

私、このケースよくあるのです。

「なんや、忘れてんのか」と、悪印象で終わらせず、好印象で終わらせるために、行っていることを、こっそりお伝えしました

「使える!」と思われえたらお試しくださいね