会議で「部下が腹落ちする伝え方」

Share on Facebook
Share on LinkedIn

会議で「部下が腹落ちする伝え方」

 

会議での間の取り方

 

2  聴き心地の良い「間の取り方」「目線の配り方」

 

◎ 大事なこと、記憶に残したいことは繰り返す。間をとる

◎ おひとりづつに、『あなたに話しています!』と、目線攻撃

  一小節ごとに、目線を移す

◎ 『』は崩した言葉づかい(親近感を与える)

  例)お客さまが「何考えてるんや!」と、思う時もありますよね

  例)「ええこと言うなぁ」と、伝えることも大事です

  などと、『』はわざと、タメ口を使う

 

× キョロキョロ、小刻みなお辞儀

落ち着きのない、頼りない上司に見えます