謝罪と感謝をキチンと使い分ける

Share on Facebook
Share on LinkedIn

謝罪と感謝をキチンと使い分ける

謝罪と感謝の使い分け

 

あいまいな、言葉を多用していませんか?

 

× 人の足を踏んだら『すいません』→ ◎ ごめんなさい

× 道順を教えていただいたら『すいません』→ ◎ ありがとうございます

× 名刺交換の際『すいません○○と申します』→ ◎ 『○○と申します。ご縁に感謝いたします』

 

正しい『すいません』を使うのは店員さんを呼んで注文するときだけです。

 

◎謝罪
申し訳ございません
大変失礼いたしました
ごめんなさい

 

◎感謝
ありがとうございます
心よりお礼申し上げます

 

相手に響く言葉を正しく伝えられるようでありたいですね。