会議、講演で上手く話すコツ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

会議、講演で上手く話すコツ

 

話がうまくなる

 

講演前に、講師である自分自身自ら、名刺交換に伺うこと

 

私事ですが、講師を、業とし始めた6年前。経営者講演がとても苦手でした。

 

緊張しすぎて、思うように話せず、「もっとタメになると思っていただけるスゴイことを話さなくては」と、焦りまくりでした。

 

結果上手く話せず、本来伝えたいことが、伝えられず「リピートが頂けない」という悲しい過去があります。

 

そこで一つだけ実践した、セミナーでお伝えする内容をこっそり書かせていただきます^^

 

 

講演前に、講師である自分自身自ら、名刺交換に伺うこと

 

 

から聴いてくださる方との距離が近くなり、身内?のように温かな目を向けてくださるようになります。

 

これだけで登壇時、緊張が和らぎ、話しやすくなります。聴き手の「聴く姿勢」を整えるのです。聴き手のためにも、自分のためにもとても効果があります。

 

控室でぼーっとしてる暇があったら、講演前も動くこと!(笑)

 

社内会議であれば、「会議前に自ら笑顔で挨拶する」など、聴き手の「聴く姿勢」を整えるコツはあるのです。