自分の価値を下げないように気をつけること

Share on Facebook
Share on LinkedIn

自分の価値を下げないように気をつけること

言葉の価値

営業 新規開拓 プレゼンでもポロっと出ないようにしたい!

 

例えばお客様に対して、 社内や、身内間であっても、「客」「お客」「お客さん」などと、言うのは どこかで、通じるもので、何かの拍子に、出てしまうものだから、日頃から使わないようにしたいですね。

 

「お客さま」「クライアントさま」と、習慣化していくこと。

 

営業 新規開拓 プレゼンでもポロっと出てマイナスの言葉は自分の価値を下げ、言霊となり、【そのような人間】となります

 

例えば、自分の子供に「お名前は?」と訊かれた際、「高山綾子」と答える子供に「高山綾子です。でしょ!ちゃんと答えなさい!」と、指導しているのに、自分が飲食店でオーダーするとき「コーヒー」とぶっきらぼうに注文する親のように。

 

「コーヒーお願いします」が◎だと思いますが、コーヒーを出されても「ありがとうございます」も言わず、無言で受け取る。

 

子供には、「ありがとうは?」と教えているのに・・・

「ありがとうが言える子になってほしい」と願ってるのに・・・

 

自分の価値を下げない、言霊を大切にする。

営業 新規開拓 プレゼンでもポロっと出ないように!

部下にも、お客様にも、プラスの言葉で接せられる!