褒めたらつけあがる!? 折れない叱り方(諭し方)

Share on Facebook
Share on LinkedIn

褒めたらつけあがる!? 折れない叱り方(諭し方)

 

 

 

『叱り方・諭し方』にはコツがあります。読売新聞社さまの取材も受けました。

 

叱り方

 

 

1 褒める+叱る・諭す+褒める
  = やる気+関係性が良くなる(デキる人として扱う)
 
2 存在ではなく、「事」を叱る
 
3 「もったいない」活用
 
 
 
叱る(諭す)時は、2つ『褒めて』、1つ『叱る、諭す、指摘』
  or
日ごろ良好な関係であれば、叱ることから言い始めても構いません。
 
 
 
日ごろが肝心なのです!
 
 
 
ゴールは「叱られても、やる気を落とさず仕事がデキるようになってもらうこと」です!そこをお忘れなく^^

 

 

 

叱っても、やる気を落とさず仕事がデキるようになってもらう言い回し

叱り方レッスン中級編

続・叱り方レッスン中級編