即できる!男女別プレゼン戦略

Share on Facebook
Share on LinkedIn

即できる!男女別プレゼン戦略

 

プレゼン男女別

 

●男性担当者

・結論から話す

・TOP陣営(社長、役員など)が同席し、「こんな偉い方まで出向いてくださってる」感を与える

 

●女性担当者

・プロセスから話す

・「このプロジェクとは●●らが、担当させていただき、△の時点で■■も加わらせていただきます。よって◆となります」と、携わる人員、工程を話すと、高決定率という統計が出ています。

 

男性と女性では、脳の仕組みが異なるからです。

 

 

そして聴き上手であること。

 

「人には口が一つなのに、耳は二つあるのは何故だろうか。それは自分が話す倍だけ他人の話を聴かなければならないからだ」ユダヤの格言

 

私も気を付けないと、話しすぎてしまうときがあります。

「この人なら大丈夫」と、甘えて話しまくることもあります(ごめんなさい)

 

「人前でスピーチ」などは、緊張して苦手という方も多いですが、ただつらつらと、話すことは、聴くことより好きという人が8割を超えます。

 

会話は、自分が3:相手7がベスト