GMOクラウド株式会社 代表取締社長 青山満氏

Share on Facebook
Share on LinkedIn

『デキる社長インタビュー』第2弾

 GMOクラウド株式会社 代表取締社長 青山満氏

 

GMOクラウド株式会社
代表取締社長 青山満氏
http://ir.gmocloud.com/

GMOクラウド株式会社

 

■どんな会社?

インターネット上で、企業がビジネスをやる上で、安全安心に利用できる環境を提供しています。

 

主に

1 インターネット上で、システムを動かすためのクラウド基盤

2 インターネット上の取引の信頼を守る電子認証サービス

3 インターネット上の入り口となるIDの管理を行うサービス

 

今の事業基盤を始めて、ちょうど20年目になります。

 

 
■仕事でのピンチはなんでしたか?それをどう乗り越えましたか?

重要な提携先が競合に買収され、売り上げがゼロどころか、事業撤退せざるを得ない事態がありました。

世界中の同業が、びっくりさせられた出来事でした。

 

しかし、そのピンチを乗り越えてさらに飛躍できました。

それは海外の会社の競合会社(イギリス、ベルギー)を、僕らの仲間(M&A)に迎え入れました。

それによって、今まで営業中心の事業だったのが、製造から営業まで一貫して行えるようになり、世界展開を一気に始められるようになりました。

 

その時の内情ですが、3週間で、相手先を探し、20億円で決済しました。

 

仲間になるために重要だったのは、ビジョンの共有。

一致したのは「世界NO1の競合会社を一緒にやっつける!一緒に世界1位になる!」でした。

 

 

■不安や、心配の解消法。乗り越え方

一つ、アドバイスをいただき、考え方をかえたきっかけがありました。

 

社会人2年生のころ、知人経営者のダイビングショップで、週末に手伝いをしていた時、お越しになっていた経営コンサルタントが、当時、自信家で天狗になっていた僕に、

 

「もっと若いときにこうしておけばよかったとか、留学しとけばよかったとか、練習しとけば今頃は・・・などと、後悔しているのはおかしい。その時しなかったから、今のあなたがあるんでしょ」

 

と、初対面のおじさん(コンサルタント)に怒られたのです。

 

とてもショックでした。衝撃的で、そんな風に考えたこともなかったのです。

それが今でも忘れられません。

 

それを機に気づきを得ました。

 

今のストレスの解消法は業績を上げること!

「どうにかなる。どうにかやれる!」以外考えません。

楽観主義です(笑)「考えて、考えて、考える」思考になっています。

 

 

■経営で気を付けていること。重要だと思うこと

早く社長を辞めようと創業時から考えています。

そのためには今以上の経営チームを作り上げ、会社がどんどん成長していくような優秀な幹部、社員を育てることが重要です。

 

①理念の浸透

②強い幹部教育

③さらにその下に続く次世代のリーダー層の育成

 

ここがうまく育たないと新しい事業がうまくいかない。

 

現在、強い幹部は、おかげさまで出来ています。

理念の浸透させるために、2年前に有志の社員が「理念チーム」を結成し、作ってくれました。

指示を受けて与えられてやる理念ではなく、社員が自ら感じ、行動に移せるのが大事です。

なぜなら、僕はいずれいなくなりますから。

しかし、この会社は100年、200年続くのです。

 

 

■デキる部下メルマガを読んでいらっしゃる方へ

高山綾子さんのお話しは、社員に伝える時に、わかりやすい表現です。

自分の行動も振り返れますし、人の意見と自分の意見を確認するために、毎日読ませていただいています。

時代に合った手法、考え方が学べます。

 

経営者、管理職はちゃんと自分の考えを持ってはいますが、勝手な思い込みや偏った考えの時があります。

自分と部下、どちらにも直接利害関係がない、第三者の意見も参考にして、頭の中に入れてみることは重要です。

そして、特に、セミナーは、立場が違えば、同じことを言っても聴き入れることがあります。

 

例えば、親子関係でも、塾の先生の言うことを聴くのに、親では、同じことを言ってるのに、聴かないことがありますよね。それと同じです。

 

これからも一助にさせていただきます!

 

 

**********

 

 

インタビュー後記 高山綾子

青山さんとは、知人経営者の紹介でご縁をいただきました。

そして、一度私が所属している経営者の会で講演を聴かせていただきました。

 

20代のころは、冒険家で、米国でスノーボードメーカーを経営し在庫を抱えて、大損をされていたそうです。

どうやって在庫をさばこうかと、インターネットを利用しようと思ったら、個人利用が始まりだしたばかりで、激高だったとのこと。

 

個人、中小企業が世界中に販路を広げられるようにしたい。

小さい会社には、IT専門の担当者などおらず、ITサービスはわかりにくく、高いものばかり。

中小企業がネットでビジネスを広げられないと、日本の社会が面白くならない。

 

そんな思いで、自らホスティングサービスを1996年に開始されたそうです。

 

「インターネットを通じて、お客さまのビジネスと社会の笑顔を支える グローバルカンパニーへ」

社員さまが考えられた企業理念!

素晴らしいですよね!

 

 

どうですか!感動しませんか!

私はお聴きしてて感激し、さらにファンになりました!

 

 

■株式会社タカショー 代表取締役社長 高岡伸夫氏

■鳥貴族 大倉忠司社長

■株式会社ワンダーテーブル 代表取締役社長 秋元巳智雄氏

■GMOクラウド株式会社 代表取締社長 青山満氏

■周愛巣鴨クリニック院長 帝京大学大学院研究科 精神科医 秦孝憲先生