パワハラを受ける部下は どう切り抜けたらいいのか?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

パワハラを受ける部下は どう切り抜けたらいいのか?

 

パワハラの切り抜け方

 

例)
上司:あ、ちょっと君。

 

部下:はい。

 

上司:この企画書ここミスだよ。

 

部下:ミスがありましたか!申し訳ありません(オウム返し、謝る)

 

上司:困るなぁ。これは大事な企画書だといったよね!適当に仕事してるのか!?(大声で)大体ね、君は、態度も悪 いし、真剣さが感じられないんだよ

 

部下:企画書のミスは私の確認不足です。今後確認を強化してこのようなことの無いように善処します。企画書のミスは即、確認し改善いたします。(上司に伝わる謝り方)

質問させていただきたいのですが「態度が悪い」「真剣さが感じられない」(あいまいな指摘を箇条書きに質問する)とは具体的にどのようなことですか?改善したいのでご教示ください。〇〇部長を目指します!(上司を立てる) 

 

上司:あぁ・・・それはだねぇ・・・

 

 

いかがでしょうか?

 

パワハラを受けやすい部下は、いつも同じ人、決まっている場合が多いのです。パワハラはもちろん厳禁です。しかし、本人の原因がゼロではありません。言わせない自分づくりも大事だと私は思います。